私は十四歳! ~2年A組 教育実習生 道徳研究授業~

6月15日(金)
教育実習生の竹内先生による道徳の研究授業が、2年A組で行われました。主題は「向上心、個性の伸長」で、「私は十四歳」(出典:生徒作文『明日をひらく』東京書籍)を資料に用いて取り組まれました。この資料は、部活動やめ、迷い悩みながらも、新しいことに挑戦していく十四歳の女子生徒の想いが素直に述べられています。導入で、生徒が今の部に入部した動機について会話を行った後、資料の範読が行われました。範読後、資料の内容を整理し、板書にまとめていきました。次に「悩む中でジャズダンスに出会えたのは、『私』がどんな気持ちをもち続けていたからか。」について各自で考え、グループで意見の共有が行われました。また、「自分らしさとは何か。」についても考え、発表し合いました。そして、「どんな十四歳になりたいか。そのためにどんなことをするか。」について考え、ワークシートに記入していきました。最後に、竹内先生の十四歳の時の体験についての話を聴くことで、本時の締めくくりとなりました。生徒にとっては身近な問題であったため、一人一人が真剣に考え、取り組んでいたと思います。竹内先生ご苦労様でした。2週間の実習の成果を、今後に生かしていってほしいと願っています。

カテゴリー: 今日のできごと パーマリンク